舌痛症のオンライン診療はCLINICSよりお入りください。

舌の位置と口呼吸

口呼吸には色々な為害性があることがわかっています。

 

・口から細菌やウィルスが入りやすくなる(鼻呼吸であれば侵入をブロックします)

・口が乾燥する

・睡眠を妨げる

・歯並びにも影響

・アレルギー疾患の増悪

など。

口呼吸には、舌位置が関係しています。

口を閉じて安静にしている時、舌が”ぺとっと”上あごの裏にくっついていれば大丈夫です。

もしついていなければ、口呼吸の可能性があります。

 

”いやいや口呼吸なんてしてないよ!”と言われる方もおられるでしょう。

そんな方は、居眠りしているときの状態を他の人に確認してもらいましょう。

パカーンと口が開いてしまっている方も少なくありません。

 

改善の仕方は”あいうべ体操”や”口テープ”が有効です。

あいうべ体操で舌位置の改善が習慣化されればテープも必要なくなるでしょう。

あいうべ体操は動画などで簡単に検索できます。

 

習慣化の法則で、まず3日から始めて、3週間、3か月と毎日続けてみてください!

 

福岡市博多区 舌痛症診療 つのだデンタルケアクリニック

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080
092-400-0080 診療予約