増加する舌痛症患者に対して真摯に向き合い、カウンセリングによって改善に導きます

舌痛症のオンライン診療はCLINICSよりお入りください。

これまで舌・唇に対して
こんな症状・ストレスを感じたことはございませんか?

お口の粘膜に
ヒリヒリ・ピリピリ
痛みを感じる
焼けるような・
やけどをしたような、
または痺れた
感覚をもつ
お口の中が
乾燥している
感覚が常にある
食べ物や飲み物を
摂取した時
味覚を感じない
ときがある

これらの悩みは
口腔の粘膜に明らかな病変がないにも関わらず、
常に舌の痛みを感じる疾患であります

これらは全部舌痛症が原因の可能性があります!?

仕事や人間関係、新型コロナウイルスに関連する不自由な生活、自然災害の多発など、さまざまなストレスの要因に囲まれた現代社会。目まぐるしい時代の移り変わりとともに増加傾向にある病気の一つが舌痛症だ。原因は心理的要因が大きいとされているものの、いまだ明確な治療法は確立されておらず、どの診療科に行くべきか迷う患者は少なくない。
「つのだデンタルケアクリニック」では、そんな人々に手を差し伸べ、積極的に舌痛症の診療に取り組んでいます。
つのだ先生
主婦
つのだ先生、そもそも舌痛症って どんな症状が出る病気ですか?
べろ
舌痛症とは、炎症などの病変が見られないのにもかかわらず、口腔内に痛みを感じる疾患となります。
口腔内灼熱症候群とも呼ばれ、口の中のさまざまな場所で起こりえますが、特に舌に痛みを感じるケースが多いために「舌痛症」として知られています。   痛みの程度は千差万別で、舌先が何となくピリピリするという人もいれば、重度になると焼けるように痛いと訴える人もいて、そうした場合は日常生活に支障を来すことになります。
つのだ先生

衝撃の事実がこちら

舌痛症は特に更年期の女性に多く発症し、過去の報告では、男性対女性の割合は1:8~1:10です。
つのだ先生
5人に4人が女性に発症しやすいのです。
つのだ先生
舌痛症では、痛みが唯一の症状となります。
舌や歯肉に明らかな炎症や潰瘍などの病変が存在しており、それが痛みの原因となっているとすれば、それは舌痛症とは診断しません。したがって、舌痛症は患者さんが感じる痛みが全てであり、他人が見ても異常がないので、なかなか理解してもらえない病気です。下の表で思い当たる項目にチェックしてみてください。

  • 舌の先や舌の周りが痛い
  • 激しい痛みではないが ”ピリピリ”した痛みがあり治らない
  • 痛みがあり、内科や耳鼻科・歯科に行っても、何もないといわれるが改善しない
  • 何か口の中がおかしい
  • 舌や口内に痛みがあり、痛いときとそれほどでもない時がある
  • 舌や口の中にしびれた感じがある
  • 味がおかしい
以上に一つでもあてはまれば”舌痛症”の可能性があります。

舌の痛みの原因ってなんなの?

「舌が痛む方へ」を詳しくみる

行き場をなくした舌痛症患者を救うカウンセリング治療

当院が選ばれる理由 /REASON

Point1:舌痛症を専門的に診療

舌が痛く「どこに相談すればいいかわからない」という方は一度当院まで。つのだデンタルケアクリニックでは舌痛症に対して専門的な治療を行っております。

Point2:治療の主体はカウンセリング

当院の舌痛症の治療はカウンセリング中心。舌痛症の原因である心理的要因にカウンセリングで直接アプローチして、根本的な症状改善を目指します。

Point3:お薬は極力使用しません

通常、他院の舌痛症の治療では抗不安剤・抗うつ剤を処方することが多いのですが、当院ではカウンセリングを主体とした治療を行います。

Point4:オンライン診療にも対応

遠方にお住まいの方、またコロナ渦の現在、対人接触が心配な方などのために、オンラインでの舌痛症の診療に対応しています。初診からオンラインでの受診が可能です。

舌痛症をしっかり診る医療機関が少ないのは、舌痛症と診断したところでできることは簡単な投薬のみで、いわゆる“お金にならない”病気であることは否定できません。しかしそれは医療者サイドの問題であり、患者さんには何の関係もありません。私はそこに苦しんでいる患者さんがおられれば、一緒に改善していきたい」と考えています。
つのだ先生

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080

分かりやすい治療の流れ

FLOW

STEP01

オンライン診療で予約
外来診療で予約も

STEP02

まずは「舌の痛み・不快感」の初回相談(15分程度)

STEP03

別日に舌痛症カウンセリング(30分程度)

STEP04

アフターフォロー

「治療の流れ」を詳しくみる

舌痛症でお困りの方が
“効果的な治療”を受けることができる場所として

 舌痛症でお困りの方が“効果的な治療”を受けることができる場所として「昨日は痛かったけど、今日は痛くない」ということでも、ご心配であれば一度ご連絡ください。

また、舌痛症は仕事中や食事中、就寝中に痛みを感じないことが多く、「気のせい」と自己判断せずに専門家の診断を受けられるようにしましょう。

お一人でも多くの舌痛症でお困りの方に、貢献したいと考えております。

お口のことでお悩みでしたら“つのだデンタルケアクリニック”

よくある質問

Q&A
舌痛症はどんな病気ですか?

読んで字のごとく舌に症状が現れます。舌が痛い原因は色々あります。
例えば、口内炎、口腔乾燥、舌癌、舌の荒れ、アレルギー、カンジダ菌感染、やけど、噛んでしまった、など。舌痛症はこれらの原因が見当たらないのに舌の痛みやしびれ、焼けたような症状があるものです。舌痛症の原因は、心理的要因の影響、いわゆるストレスといわれています。

舌先がぴりぴりして、治りません。舌痛症でしょうか?

舌痛症の典型的な一症状といえます。ですが、他の原因も考えられるため医療機関受診し、一度診てもらって下さい。

舌がひりひり痛く、歯科や耳鼻科、内科に行きましたが、なんともないと言われました。
数か月続いており、なおるのか不安です。これも舌痛症でしょうか?

複数のお医者さんを受診されておられ、ご心配ですね。
専門的に診てもらって症状に見合う病変がない場合は、舌痛症が強く疑われます。

舌や頬の内側がところどころ白くなっていて、ひりひり痛いです。

白くなっている場合は、カンジダ症と言って菌の感染による可能性があります。
これは舌痛症とは異なりますので、一度、耳鼻科、内科、歯科で診てもらってください。

舌がぴりぴりして治りません。
数か月経ちますが舌を鏡で見てみても、赤くなっている気もするしよくわかりません。舌痛症ですか?

舌が赤くなっている場合は、舌炎や乾燥などが考えられます。
ただ、ご自分で見られてよくわからない場合は、やはり症状に見合う病変がないと考えられますので、舌痛症の可能性は高いです。

仕事中や寝ているとき、食事中は痛まないのですが、家にいるときや何もしていない時に舌が痛みます。
痛くて眠れないということもありませんが、舌痛症ですか?

舌痛症の場合、睡眠時や食事中に症状が出ないことが多いです。
仕事中など何かに集中しているときや他のことに気をとられているときは痛みを感じなくなるようです。舌痛症の可能性があります。

もし舌痛症だとしたら治りますか?

舌痛症であれば、ガンなどの病変の存在がないので放置してもどんどん悪くなることはないと思います。
心理的要因が影響しているので、ご自分の環境や考え方などが変化し改善することはあると思います。ただ、その心理的要因を取り除くことが困難であれば、症状の継続が考えられます。

舌の上側がまだら模様のようになっていて、すこしひりひりする気がします。

おそらく舌痛症ではなく、地図状舌の可能性があります。とくに処置はなく、経過観察されてください。痛みも強くないと思われます。

舌に口内炎のようなものがあり、痛みます。何回も同じところにできている気がして、少し腫れてしこりのようになってます。
舌痛症でしょうか?

お話からすると、舌痛症ではなく、難治性の口内炎または“できもの”の可能性があります。歯科、耳鼻科などを受診し診てもらってください。

舌や頬の内側の粘膜が赤くただれています。ずっと続いており治りません。
醤油やソース、ドレッシングなどがあたとるしみて痛みます。舌痛症でしょうか?

粘膜がただれているようであれば、舌痛症というよりも口腔粘膜疾患の可能性があります。歯科や耳鼻科を受診ください。

舌痛症はどんな人が多くかかりますか?

30~60代女性に多いと言われています。

舌痛症の治療方法が知りたいです。

舌痛症はいわゆるストレスが原因と言われておりますので、一般的にはうがい薬、抗不安薬、抗うつ薬で治療することが多いです。軟膏を処方するところもあるようです。当院での治療に限って言えば、投薬はほぼ行わずカウンセリングのみによる改善を行っています。原因が心理的要因といわれておりますので、その心理的要因に対し、患者さんと一緒になって向き合うことで改善を目指しています。

舌痛症のカウンセリングをすればすぐ治るのですか。または、どのくらいの回数のカウンセリングが必要ですか?

症状の改善について早ければ、初回のカウンセリングの最中に軽減を感じる患者さんもおられます。また、かなりの回数を要する患者さんもおられ、一概には言えません。ただ、一緒に根気よく治療していくことが改善へ向けたスタートとなります。カウンセリングの回数を重ねていくことで、徐々に症状の軽減を実感される患者さんも多いです。

カウンセリングとはどんなことをするのですか。

舌痛症の原因が心理的要因といわれてますので、まずその患者さんの抱えている要因を一緒に考えていきます。患者さん本人も気が付いていない要因も多くあります。その要因が明らかになったら、“どうしたいのか”、“どうなりたいか”など欲求に対して現在行っている日常行動の方向性の検証と改善行動を提案し、自分の人生は自分でコントロールすることが可能であることを深く認識していただくようにしています。

本当にカウンセリングだけで痛みは改善するのですか?

人は多くの生理反応や病気の症状の一つである痛みを直接はコントロールできないですが、間接的にコントロールできることは実証されています。例えばストレスで胃が痛く、頭痛がする方がおられたとします。その方がテニス好きだとして、大好きなテニスをしている時は、先の症状は出ないはずです。これは行動を変えることで間接的に症状をコントロールしていることになります。簡単に説明しましたが、実際にはその患者さんの抱える問題と願望を整理し、その願望に対し効果的な行動の選択を提案します。それにより自分の人生を自ら掌握できることを理解いただき、自己の求めているイメージと現実のギャップを少なくすることで、フラストレーションによる影響を少なくできます。これにより症状の改善に対応していきます。

舌痛症は心の病気とのことですが、全く心当たりがないのに痛みは良くなりません。それでもカウンセリングは必要ですか?

人は誰でも必ず自分の求めるイメージ写真を頭の中に持っています。自分の欲求や願望を整理することは非常に有益なことです。
人はそのイメージ写真に少しでも近づくために行動すると言われています。何の問題もないと思われている方でも、欲求や願望であるイメージ写真を整理することで、自分が何を本当に求めているのか?日々の行動がそのイメージ写真を手に入れるのに効果的か?を常に自己評価する必要があります。実際にイメージ写真と現実、日常の行動に気が付いておらず、それがフラストレーションとなり症状を出してくることも多く見受けられます。

舌の痛みがあり、主人と1歳になる子供が影響している気もします。どうしたら良いですか?

なぜそう思われたのですか?
 

仕事中は感じないのに、家に帰ると何か気力がなくなり、それと一緒に痛みもひどくなっているような気がします。主人とはここのところ喧嘩が多いです。
 
人間の感じる不幸感は、ほぼ人間関係に起因すると言われています。カウンセリングでは主にこの人間関係を多く扱います。ご指摘の通り、舌の痛みもご主人とお子様のことが影響している可能性は強いと思います。是非、一度お話を聞かせていただけたらと思います。
 
舌がぴりぴりしていて、しびれたような感じもあります。近所の歯科や内科、大学病院を受診したら舌痛症で、ストレスが原因と言われました。心療内科にも行きましたが、なかなか治りません。そちらのクリニックで診てもらえそうですが、遠くて通院できそうもありません。近くの病院を紹介してもらえませんか?
 
舌痛症に対して、私が行っているリアリティセラピー(現実療法)をもとにしたカウンセリングを行う施設は、いまのところありません。
当院では遠方の患者さんを対象にオンライン診療を行っています。詳しくは、当院ホームページをご参照いただければと思います。

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080

舌痛症のオンライン診療にも対応
今の時代に合わせた安心の診療体制

福岡市博多区のつのだデンタルケアクリニックでは、舌痛症でお困りの方のために外来診療、そしてオンライン診療を行っております。治療の中心はカウンセリング療法で、舌痛症の原因である心理的要因に直接アプローチすることで症状の改善をはかります。

舌痛症の原因は心理的要因であり、お薬を主体にした治療による改善は難しい場合が多くあります。当院ではお薬はなるべく使用せず、“選択理論”という心理学の理論を応用したカウンセリングで、その方が抱えておられる問題を少しでも軽減し、過去や他人をかえることなく「今、あなたはどうしたいのか?」「これから未来に向けて、どうしていきたいのか?」ということにフォーカスして、問題との向き合い方を一緒に考えていくことで舌痛症の根本的な改善を目指します

つのだ先生が取り組む舌痛症

監修 つのだデンタルケアクリニック
クリニック名つのだデンタルケアクリニック
院長角田 智之(つのだ ともゆき)
住所〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10 南近代ビル2F
TEL092-400-0080(完全予約制)
診療時間9:30~13:00 14:00~18:30
休診日木曜日・日曜日
説明口の中の粘膜に原因不明の痛みを感じる「舌痛症」。心理的な要因が大きいとされるこの病気について、福岡県の「つのだデンタルケアクリニック」では、カウンセリングを取り入れることで歯科医でのワンストップ治療を行っている。

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080
092-400-0080 診療予約