舌痛症のオンライン診療はCLINICSよりお入りください。

甲状舌管のう胞(こうじょうぜっかんのうほう)(正中頸のう胞)

胎生期に甲状腺は舌の根の辺りに位置しますが、次第に舌の根の辺りから首まで降りてきて、甲状腺本来の位置の収まります。

その際、舌の根から首にかけて管ができますが、通常やがて消失します。

ただ、その管の皮が残存し、袋を作ったものを甲状舌管のう胞といいます。

顎の下と首の境目あたりに軟らかい腫れを生じることが多いです。

治療は、手術で摘出します。

比較的若年層に好発します。

 

福岡市博多区 舌痛症診療 つのだデンタルケアクリニック

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080
092-400-0080 診療予約