舌痛症のオンライン診療はCLINICSよりお入りください。

院長(自分)の舌が痛い

以前、私自身の舌が痛くなったことがありました。

 

舌の先端部がぴりぴりします。

鏡で確認しても、なにもありません。

そのとき、”あっ、舌痛症かもしれない!”と自己診断しました。

結果的に、3日くらいで自然と痛みはとれました。

当時、何かストレスがあったかは覚えていませんが、何もないのに症状があり、自分しかわからないと改めて思いました。

これが身体表現性障害(なにもないのに症状がある)というものと実感しました。

 

ストレスやフラストレーションが原因なので、痛みがあっても、環境変化や時間の経過による考え方の変化で原因が取り除かれ、自然と痛みが良くなることもあります。

一方、痛みが続き日常生活に影響したり、焼けるような強い痛みを生じることもあります。

是非、我慢せず、治ったとしてもご相談ください。

お待ちしています。

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

オンライン診断はこちら 092-400-0080
092-400-0080 診療予約